にほんまつ 6月6日(木) 安達公民館
こおりやま 6月13日(木) NPO法人子育て支援コミュニティプチママン
しらかわ 6月14日(金) マイタウン白河
いわき 6月25日(火) チャイルドケアトータルサポートサービスWendyいわき
みなみそうま 6月27日(木) 原町保健センター
ふくしま 6月28日(金) 福島市保健福祉センター

<今月のままカフェ>

にほんまつ

本日の@にほんまつは3名のママと2名のお子さんが来てくれました。
お子さんたちはスタッフと一緒におままごとで遊んだりお絵かきをしたり楽しく遊ぶことができました。初めてママと離れて遊ぶことができたお子さんもいました!
ママたちとのお話の中で子どもの朝ごはんが進まなくて・・・。との話題が上がりました。
フレークにバナナを足したり、起床時間を少し早めたりサンドウィッチにしてみたり・・・ママやスタッフからいろいろな提案がありました。いろいろな方法をためしてみて朝ごはんの時間が子どももママも楽しくなるといいですね。託児スタッフからお手玉のリクエストがありましたので次回持参したいと思います!
 

こおりやま

6月のままカフェ@こおりやまは、大人6名子ども5名が参加してくれました。
トークの時にはつばさ保育園の先生方も一緒に話の輪に入っていただき、梅雨時期外にでられないときの室内遊びの紹介や保育園の1日の様子などをお話していただきました。わらべ歌の会も開催しているそうでママたちは興味深々でした。
リンゴ病や手足口病が流行っているとのこと。「やっと元気になりました。」と復活したお子さんも来てくれて、子どもが具合悪い日が続くと仕事も休めないし、でも子どものことも心配だし・・・と葛藤した気持ちもみんなで共有しました。早く収束してみんなで元気な夏を迎えたいですね。
 

しらかわ

今回の@しらかわは、大人3名、子ども1名の参加となりました。
お子さんの保育料の話から外灯設置のお話に話が及び、星の瞬くお話から東日本大震災当日のことや、備蓄のことについて話が及びました。白河のライフラインは確保できたようなので、深刻さはさほどではないとはいえ、やはりガソリンなどはいつも気にして給油するようになったという話が出てきました。気が付けばいつの間にかモノが増え、断捨離を考える一方で、備蓄をしていても賞味期限に追われることもあり、なかなか管理をするのが大変という話も出てきました。普段の友人やママ友とは違うママ達の集まりだからこそ、他愛もない話からママの知恵袋が大きくなっていくようです。そんなことも子育てに反映していく、賢いママ術を感じるままトークとなりました。
 

いわき

6月のままカフェ@いわきは、大人3名子ども2名が参加してくれました。
6月18日に起きた山形県沖の地震では久しぶりにテレビや携帯の緊急地震速報が流れドキドキしてしまったとみんなでお話をしました。
震災の時の揺れが今も体にしみついて怖くなる。その日は子どもと一緒に寝た。胸が痛いくらいにドキドキする・・・など。不安な気持ちをままカフェでお話することによって不安な気持ちが軽減され表情も穏やかになっていったママ達。このような場所は必要だと改めて感じたままカフェ@いわきでした。

みなみそうま

6月のままカフェ@みなみそうまは、大人18名子ども19名が参加してくれました。
数年ぶりに来てくれたママ、ひとりで来てくれたママ、赤ちゃんと一緒にきてくれたママ……たくさんの親子がきてくれて、にぎやかなままカフェ@みなみそうまになりました。
ママの出身地が色々だったグループは「方言」の話題になり、同じ言葉でも意味合いが違ったり、イントネーションが違ったりして面白かったです。
「実家が遠くて寂しくてもままカフェに来ると仲間がいるので心強いし安心します。」と言ってくれたママがいました。同じ地域で子育てをするママ同士で話ができる仲間づくりの場となっていることが実感できたままカフェ@みなみそうまとなりました。
 

ふくしま

本日のままカフェ@ふくしまは大人5名子ども1名の参加でした。久しぶりのママも来てくれて嬉しかったです。
子育て支援センターの先生方が手づくりおもちゃを持ってきてくれてお子さんはすっかりケーキ屋さん気分です。ママと先生方と一緒にたっぷり遊んで大満足。ハイタッチでバイバイしました。
転勤してきたばかりのプレママさん。先輩ママから赤ちゃんとの接し方や福島市内の遊び場情報・病院情報をきいてとても役にたったようです。次回は夏休み、是非お子さんも一緒にお越しください。